芥川 龍之介 俳句。 スペイン風邪にかかった芥川龍之介の俳句と辞世の句

芥川龍之介 芭蕉雑記

俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介

👀 その際の、黄色い埃りのことを言う。 これは葉書であるが、かなり細字で記したものと思われ、この駄弁の後半部では服部嵐雪の「稻妻にけしからぬ巫女が目ざしやな」の句に感服したと言い、大島蓼太の「阿房宮賦をよむ」の前書を持つ「鬼灯や三千人の秋のこゑ」や「明易きあさがほつまむ星ひと夜」「あけぼのの靑き中より一葉かな」を佳句として掲げたりし、一向に句がうまくならないとぼやいている。 しかも一句の 客情 ( かくじやう )は無限の寂しみに 溢 ( あふ )れてゐる。

水涕や鼻の先だけ暮れ残る 芥川龍之介 評者: 松王かをり

俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介

🤘 が、「痩せたる馬の影」だの「槌を子に抱く」だのの感じは当時の怪談小説よりも寧ろもの凄い位である。 私の時代では、国語の教科書に掲載されており、「クラムボンは笑ったよ」のクラムボンとは何かと考えたものである。

8

スペイン風邪にかかった芥川龍之介の俳句と辞世の句

俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介

☕ ついでに酒が待ち遠しくもなる。

9

やぶちゃん版芥川龍之介句集三 書簡俳句

俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介

🤘 ) 日傘人見る砂文字の異鳥奇花 日傘人見る砂文字の異花奇鳥 (四三八 消印七月二十五日 葉書、高濱年尾宛。

2

加藤郁乎編『芥川竜之介俳句集』

俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介

👣 殊に「山賤の」は「おとがひ閉づる」に気味の悪い大きさを表はしてゐる。

7

スペイン風邪にかかった芥川龍之介の俳句と辞世の句

俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介 俳句 芥川 龍之介

😛 初日の出を拝み、初詣に行き、新しい一念の始まりを家族・親戚・来客とともにお祝い、 明るく華やかな一日となります そんな合間に手を洗いながら外に目をやるともう夕方に…。

7